イントラレーシック

イントラレーシック

近年、近視治療にはレーシックと呼ばれる治療方法が大変注目を浴びています。

レーシックとはレーザーで角膜を薄くし、屈折率をレーザーで変える事により近視を治療する方法です。

実際には角膜実質にレーザーを照射させるために角膜上皮をめくる作業が必要となってきます。

この角膜の上皮細胞の剥離方法は多くの種類が開発され患者の体質によって選択されています。

その上皮細胞の剥離方法の一つにイントラレーシックと呼ばれる方法があります。

通常のレーシックはマイクロケラトームと呼ばれる器具でこの上皮細胞をカンナの様にして剥離させフラップという物を作製します。

その後エキシマ・レーザーを角膜実質に照射して薄く削り、再び上皮細胞を被せる方法です。

一方、このイントラレーシックの場合、この上皮細胞のフラップをレーザーにて作製しますから、より薄いフラップを作製する事が可能です。

従って、フラップが薄い分、残される角膜実質が厚くなりますので多くの角膜実質を削る事が可能となり、角膜が薄い人や、視力が極端に悪い人でも矯正を行うことが可能です。

通常のレーシックが利用できないと診断された人であってもこのイントラレーシックならば可能かもしれません。諦めず専門の医師に相談してみてはいかがでしょうか?


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。