レーシックで発症する合併症

レーシックは近視を矯正する方法として近年非常に注目を集めています。

眼鏡やコンタクトレンズに頼ることなく裸眼視力を矯正することが出来るため、特にスポーツ選手では多く行われています。

レーシックは裸眼視力を回復できる夢のような手術ですが、一方で様々な弊害も含んでいます。

レーシックを受ける際は長所と欠点を十分に理解した上で受けましょう。

レーシック治療は角膜を直接手術しますので、術後に様々な症状が合併症として発症します。

合併症の中でも比較的多くの人に発生するのがドライアイです。

角膜手術により涙腺に関係する神経を遮断してしまいますので涙が出にくくなる傾向にあります。

また、角膜の表皮細胞を切り取りますので、術後に視界不良となる場合があります。

これはハロ・グレアと呼ばれ、夜間コントラストが低下した際に発生します。

また、術後、もやがかかった状態となったり、サハラ砂漠症候群となる場合もあります。

これらの合併症はその人の体質により、発症したり、あまり発症しない場合がありますので必ずしも発生するとは言えませんが、一生残ってしまう場合もあります。

しかしながら、レーシックは厚生労働省でも認可されている手術方法です。

多少の欠点は存在しますが成功率に比べると極めて確率が少ないと言えるでしょう。

レーシックを受ける場合は正しい知識を持ち、信頼ある専門医を選びましょう。
タグ:合併症
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。