レーシックで適応される保険関連

レーシック治療は近視を治療することが出来る手術として近年大変注目を集めています。

メガネもコンタクトレンズも使用しなくても、視力を回復することが出来るため、芸能人をはじめスポーツ選手等、多くの人がレーシックを受けています。

では、実際にレーシックを受ける際、どれくらいのお金が必要なのでしょうか?

通常、病院に通院する場合、健康保険に加入していれば3割負担で済みますがレーシックの場合はどうでしょうか?

残念ながらレーシックは保険適用外で自己負担で治療を行わなくてはならないため、治療費が大変高額となってしまいます。

それでも最近では15万円程度で行うことが出来るようにはなりましたが、誰でも簡単に受けれるとは言えない治療です。

では、医療費控除は適応されるのでしょうか?

医療費控除に関してははっきしりたことが言えないのが現状です。

適応される場合もあるようなので、税務署に直接聞いた方が良いかと思います。

もしも適応される場合は他の医療と同様に領収書が必要なので必ず発行してもらいとっておくことをお勧めします。

生命保険の医療給付に関してはレーシック治療は対象となる場合が多いようです。

金額にすると3万円程度から10万円程度支払ってもらえる様なので、医師の診断書をもらう必要があります。

レーシック治療は大変高額な手術となりますので事前に保険等が適応されるのかを調べておきましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。