レーシックと眼鏡とコンタクトレンズの料金比較

日本人の多くは近視で悩んでいます。

近視は子供の頃に進行し、成人すると共に視力は落ち着くとされています。

視力が変化をする未成年の時期は頻繁に眼鏡やコンタクトレンズの度数を調整しなくてはなりませんが、成人後は比較的安定し、それ程度数を変えなくても良いとされています。

従って、成人後、手術により視力を回復させることが可能となります。

近年、視力回復手術で注目を集めている方法にレーシックがあります。

レーシックとはレーザーで直接角膜を切削し、厚さを薄くすることで屈折率を調整し視力を回復させる方法で、術後は裸眼視力が飛躍的に向上します。

しかしながら保険が適応されないため、治療費が高いことがネックとなっています。

でも、本当に治療代が高いのでしょうか?眼鏡とコンタクトレンズ、レーシックを比較して考えてみましょう。

現在レーシックの価格は両眼で15万円程度まで値が下がってきています。

眼鏡の場合、最近では安い眼鏡が発売していますので1回1万程度、2年で交換すると考えると約30年で15万となります。

コンタクトレンズの場合5万程度のものを2年サイクルで使用すると6年で15万円となります。

コンタクトレンズや眼鏡を使用する煩わしさを考えると、レーシックの方が断然お得だと言うことが一目瞭然かと思います。

眼鏡やコンタクトから解放されたいならばレーシックはいかがでしょうか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。