レーシック人口

視力を矯正する方法はメガネとコンタクトレンズが一般的ですが、最近ではレーシックと呼ばれる方法が大変注目されております。

日本においてはまだまだレーシックを受けている人は少ないため、聞いたことが無い人もいることでしょうが、アメリカでは大変症例数の多い、広く認知された方法です。

レーシックが行われはじめたのもアメリカの方が10年早く、日本においてはまだ、厚生労働省で認可されて10年経たない治療方法です。

しかしながら、10年経たないとは言えども年間の症例数は年々増加しております。

レーシックは健康保険が適応されませんし、生命保険も適応されない場合が多く、自己負担で行わなくてはなりません。

しかし治療を受ける人口が増えると共に、治療費も安くなり、相乗的に治療数が増えてきています。

とは言えども、日本の近視の人は全人口の1/3と言われています。

従って皆がレーシックを受けてしまうと、携帯電話と同じですぐに飽和状態となってしまいます。

現にアメリカではもう既に飽和状態に近づいているとも言われているくらいです。

現在では年々症例数も増えており、治療費も安くなってきていますが、飽和状態となってしまうと、逆に治療費も高くなってしまう可能性もあります。

従って、レーシックを受けるならば症例数が多い時期に受けるのがベストではないでしょうか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。