レーシックで免許証の限定解除

レーシック治療は近年大変人気のある近視治療法です。

レーシック手術を行えば、裸眼視力が1.5程度まで回復するため、眼鏡やコンタクトレンズを着用する必要がありません。

では、眼鏡等と書かれている運転免許証はどうなるのでしょうか?

良くありがちなのが、レーシック治療を受けて視力が回復した後に裸眼で運転等を行っている際に警察に呼び止められてしまうことです。

現状では、眼鏡等と書かれていたら視力の善し悪しに関わらず、必ず眼鏡を着用しなくてはなりません。

いくらレーシックを受けた診断書があったとしても法律で定められておりますので、伊達眼鏡であっても着用しなくてはならないことです。

折角レーシックで視力が回復しても運転中は伊達眼鏡をしなくてはならないなんて変な話ですよね。

では、免許証に書かれている眼鏡等を解除するにはどうしたらよいのでしょうか?

現状では警察署で行ってもらうことが出来ませんので最寄りの試験場へ出向いて視力検査を行った後に解除の手続きをしなくてはなりません。

免許更新の際ならば新しい免許から眼鏡等の記載が無くなりますが、そうではない限り、免許証の裏面に限定解除した旨の記載が記入されます。

レーシックを受けたならば、必ず試験場へ行って限定を解除しましょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。