パイロットはレーシックを行える?

近視を矯正させる方法は眼鏡やコンタクトレンズが一般的ですが、最近では角膜を手術するレーシック治療が人気を集めています。

レーシックは角膜実質をレーザーにて切削し、屈折率を調整する方法です。

レーシックが体質的に向かない人もいますが、殆どの人がレーシックを行うことで視力が1.5〜2.0まで回復させることが出来ます。

しかしながら、レーシックが認められていない職業があります。それがパイロットです。

将来パイロットを目指す人や、現状パイロットの仕事をしている人はレーシック治療を受けることが出来ませんので十分に注意する必要があります。

では何故、パイロットはレーシックを受けることができないのでしょうか?

この理由に関してはかなり不透明な部分があります。

恐らく、レーシックを受けることで発症するであろう、ハロ・グレア等の合併症を考慮しての事でしょう。

飛行機の操縦中に視力が何らかの影響で落ちた際に重大な事故に繋がる可能性を考慮してこの様な規則を定めているのではないでしょうか。

日本においてレーシックは10年程度の新しい治療方法でまだあまり広く認知されていない事が原因でしょう。

実際にレーシックの先進国ではパイロットであってもレーシックを受けることが認められておりますので、将来、日本においても認められる可能性はあります。

しかしながら現状では日本においてパイロットはレーシックを受けることができません。

レーシックを受ける際は気をつけましょう。
タグ:パイロット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。