レーシックで免許証の限定解除

レーシック治療は近年大変人気のある近視治療法です。

レーシック手術を行えば、裸眼視力が1.5程度まで回復するため、眼鏡やコンタクトレンズを着用する必要がありません。

では、眼鏡等と書かれている運転免許証はどうなるのでしょうか?

良くありがちなのが、レーシック治療を受けて視力が回復した後に裸眼で運転等を行っている際に警察に呼び止められてしまうことです。

現状では、眼鏡等と書かれていたら視力の善し悪しに関わらず、必ず眼鏡を着用しなくてはなりません。

いくらレーシックを受けた診断書があったとしても法律で定められておりますので、伊達眼鏡であっても着用しなくてはならないことです。

折角レーシックで視力が回復しても運転中は伊達眼鏡をしなくてはならないなんて変な話ですよね。

では、免許証に書かれている眼鏡等を解除するにはどうしたらよいのでしょうか?

現状では警察署で行ってもらうことが出来ませんので最寄りの試験場へ出向いて視力検査を行った後に解除の手続きをしなくてはなりません。

免許更新の際ならば新しい免許から眼鏡等の記載が無くなりますが、そうではない限り、免許証の裏面に限定解除した旨の記載が記入されます。

レーシックを受けたならば、必ず試験場へ行って限定を解除しましょう。

札幌でレーシックを受けるには

レーシックは裸眼視力を向上させることができる手術として、大変注目されている治療方法です。

手術による治療方法は他にもありますが、このレーシックは高い成功率と、高い安全性が注目を集めている理由の一つです。

角膜を手術するため、たとえ失敗したとしても失明する確率はほとんど無く、再びメガネやコンタクトレンズ生活に戻るのがほとんどです。

レーシックが開発された当時では角膜が薄い人が治療を受けられない等、体質によって制限がありましたが、近年では技術力が向上し、それらの人でも受けることが出来るようになりました。

しかしながら、有名になったとは言えどもやはり、都心部でしか受けることの出来ない治療であると言えます。

本州の中心部ならば、電車で東京や大阪に出ることは出来ますが、北海道ともなるとなかなか最新設備を備えた眼科を選ぶのは至難の業といえます。

北海道でレーシックを受けるならばやはり札幌にまで出るのがベストかと思います。

札幌ならば比較的レーシック治療を行っている眼科がありますので、自分の目で眼科を見てから決めることが出来ます。

また、錦糸眼科等全国的に展開している有名な眼科もありますので、安心して治療を受けることが可能です。

レーシックを受けるならば、信頼ある眼科選びが成功への近道です。

経験者に聞くなどして後悔のしないように良く考えて眼科を選びましょう。

福岡でレーシックを受けるには

レーシックは裸眼で視力を回復させることができる夢の様な手術です。

日本には近視で悩んでいる人が沢山いますが、ほとんどの人はメガネやコンタクトレンズを使用して、不自由な生活を送っています。

でも、そんな生活はレーシックを受ければおさらばです。

何も使用せず視力が回復しますので、運動だって、水泳だって心配なく行うことができます。

そんな良いことばかりのレーシックですが何処でも簡単に受けることが出来るわけではありません。

レーシックは最新の治療方法であり、大変高価な設備が必要となってきますので、限られた眼科でしか受診することが出来ません。

東京や大阪等の大都市では比較的簡単に病院を選ぶことが出来ますが、それ以外の都市に住んでいるとなかなか望み通りの眼科を見つけることが出来ないのが現状です。

少ない眼科の中から仕方なく選んで受診し、失敗してしまっても後の祭りとなってしまいます。

福岡でレーシックを受ける際、全国的にも有名な錦糸眼科がアクロス福岡にあります。

品川近視クリニックや神奈川クリニック眼科等は福岡にはありませんが、福岡にはその他にも沢山の眼科があります。

有名では無いからと言って最新の設備が無かったり、優秀な執刀医が居ないわけではありません。

肝心なのは信頼ある病院の医師の元で行うと言うことです。

福岡でレーシックを受けるなら最新の確かな情報を入手した上で受診しましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。