レーシックを受ける理由

日本人の多くが近視で悩んでいます。

人口にすると約1/3の人が近視であり、その多くはメガネもしくはコンタクトレンズを使用しています。

それに対し、近年大変注目を浴びている治療方法にレーシックと呼ばれるものがあります。

レーシック治療とは角膜を切開し、レーザーにて角膜での光の屈折率を変える手術であり、いくら安全とは言われてもある程度の危険性を秘めている治療方法です。

また、近視は病気とは考えられておりませんので、健康保険が使用できず、自費で治療費を負担しなくてはなりません。

このようにレーシックは危険性がある上に、高額な治療なのですが、何故皆さんはレーシックを受けたいのでしょうか?

その答えは、裸眼視力向上にあります。

いくら、メガネやコンタクトレンズで視力を矯正出来たとしてもそれは裸眼ではありません。

メガネを掛けたり、コンタクトレンズを入れたりと何かと面倒ですし、常に携帯しなくてはならない煩わしさがあります。

また、運動するときは脅威となります。

でも、レーシックなら一度の治療で一生裸眼で生活することが可能になるのです。

それだけでも危険性やお金に変えられない喜びがレーシックにあることは理解できますよね。

レーシックに関して正しい知識を身につけてレーシックを行えば、これからの人生きっと楽しく快適に過ごすことが出来るでしょう。

世界が変わるレーシック

先日久々に友人と会った時でした。

どうも、雰囲気が昔と違うので聞いたところ、メガネをやめたとのこと。

コンタクトレンズに変えたのだろうと思っていましたが、どうやらその友人はレーシックを行ったとのことでした。

彼曰く、レーシックをすると世界が変わるとのことです。

レーシックとは一体どんなものなのでしょうか?

レーシックとはレーザーを用いて角膜を手術する方法で、メガネやコンタクトレンズで屈折率を変化させるのではなく、角膜の屈折率を手術によって変化させる治療方法です。

しかしながら、角膜をレーザーで手術するとなると気になるのがその安全性です。

いくら視力が回復するとは言え、直接眼球を手術しますので、もしもの時を考えるとさすがに躊躇してしまいます。

でも、レーシックに関して正しい知識があれば、そんな心配をする必要はありません。

おそらく、一番恐れている失敗は失明かと思いますが、レーシックの場合手術するのが角膜なので、最悪の場合でも失明することはありません。

しかもレーザーを用いた最新設備で行いますので、人間の手よりも正確に行うことが出来ますし、その成功率を見れば誰でも納得がいくかと思います。
裸眼視力を簡単に回復させる方法、レーシック。一度詳しい説明を受けてみてはいかがでしょうか?

レーシック人口

視力を矯正する方法はメガネとコンタクトレンズが一般的ですが、最近ではレーシックと呼ばれる方法が大変注目されております。

日本においてはまだまだレーシックを受けている人は少ないため、聞いたことが無い人もいることでしょうが、アメリカでは大変症例数の多い、広く認知された方法です。

レーシックが行われはじめたのもアメリカの方が10年早く、日本においてはまだ、厚生労働省で認可されて10年経たない治療方法です。

しかしながら、10年経たないとは言えども年間の症例数は年々増加しております。

レーシックは健康保険が適応されませんし、生命保険も適応されない場合が多く、自己負担で行わなくてはなりません。

しかし治療を受ける人口が増えると共に、治療費も安くなり、相乗的に治療数が増えてきています。

とは言えども、日本の近視の人は全人口の1/3と言われています。

従って皆がレーシックを受けてしまうと、携帯電話と同じですぐに飽和状態となってしまいます。

現にアメリカではもう既に飽和状態に近づいているとも言われているくらいです。

現在では年々症例数も増えており、治療費も安くなってきていますが、飽和状態となってしまうと、逆に治療費も高くなってしまう可能性もあります。

従って、レーシックを受けるならば症例数が多い時期に受けるのがベストではないでしょうか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。