パイロットはレーシックを行える?

近視を矯正させる方法は眼鏡やコンタクトレンズが一般的ですが、最近では角膜を手術するレーシック治療が人気を集めています。

レーシックは角膜実質をレーザーにて切削し、屈折率を調整する方法です。

レーシックが体質的に向かない人もいますが、殆どの人がレーシックを行うことで視力が1.5〜2.0まで回復させることが出来ます。

しかしながら、レーシックが認められていない職業があります。それがパイロットです。

将来パイロットを目指す人や、現状パイロットの仕事をしている人はレーシック治療を受けることが出来ませんので十分に注意する必要があります。

では何故、パイロットはレーシックを受けることができないのでしょうか?

この理由に関してはかなり不透明な部分があります。

恐らく、レーシックを受けることで発症するであろう、ハロ・グレア等の合併症を考慮しての事でしょう。

飛行機の操縦中に視力が何らかの影響で落ちた際に重大な事故に繋がる可能性を考慮してこの様な規則を定めているのではないでしょうか。

日本においてレーシックは10年程度の新しい治療方法でまだあまり広く認知されていない事が原因でしょう。

実際にレーシックの先進国ではパイロットであってもレーシックを受けることが認められておりますので、将来、日本においても認められる可能性はあります。

しかしながら現状では日本においてパイロットはレーシックを受けることができません。

レーシックを受ける際は気をつけましょう。
タグ:パイロット

レーシックで免許証の限定解除

レーシック治療は近年大変人気のある近視治療法です。

レーシック手術を行えば、裸眼視力が1.5程度まで回復するため、眼鏡やコンタクトレンズを着用する必要がありません。

では、眼鏡等と書かれている運転免許証はどうなるのでしょうか?

良くありがちなのが、レーシック治療を受けて視力が回復した後に裸眼で運転等を行っている際に警察に呼び止められてしまうことです。

現状では、眼鏡等と書かれていたら視力の善し悪しに関わらず、必ず眼鏡を着用しなくてはなりません。

いくらレーシックを受けた診断書があったとしても法律で定められておりますので、伊達眼鏡であっても着用しなくてはならないことです。

折角レーシックで視力が回復しても運転中は伊達眼鏡をしなくてはならないなんて変な話ですよね。

では、免許証に書かれている眼鏡等を解除するにはどうしたらよいのでしょうか?

現状では警察署で行ってもらうことが出来ませんので最寄りの試験場へ出向いて視力検査を行った後に解除の手続きをしなくてはなりません。

免許更新の際ならば新しい免許から眼鏡等の記載が無くなりますが、そうではない限り、免許証の裏面に限定解除した旨の記載が記入されます。

レーシックを受けたならば、必ず試験場へ行って限定を解除しましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。