レーシックは何の基準で選ぶ?

もしもあなたがレーシックを受けるならば何を基準に病院を選ぶのでしょうか?

レーシック治療はごく最近行われはじめた治療方法で日本ではまだ10年程度の経験の浅い治療です。

従って、どの病院でもあまり差異がないと思われがちですが、それは大きな間違いです。

最近の治療だからこそ、最近の設備と最高峰の技術力をもった執刀医におこなってもらう必要があります。

レーシックは年々その技術力も向上し、様々な方法が開発されております。

数年前に診療をうけて、レーシックが受けられないと診断された人であっても、現在では手術を受けることが出来る場合だってあります。

また、ある病院では治療できなくても、別の病院では受けれる場合だってあります。

従って、病院選びは慎重に行う必要があります。

近所に病院があるからとか、値段が安いからと言って安易にレーシックを受けてしまうととんでもないことになってしまうかもしれません。

レーシック治療は再生不可能な角膜実質をレーザーにて切削しますので一度行ったら再生させることが出来ません。

将来何らかの問題が生じたとしてもやり直すことが出来ませんし、一度失敗すると治療することが出来ません。

従って、手術をする設備と執刀医のレベルがレーシックの成功率に直接反映していることは言うまでもありません。

ですから、十分に事前調査をしてよいクリニックを選びましょう。
タグ:選択基準

レーシックを受ける理由

日本人の多くが近視で悩んでいます。

人口にすると約1/3の人が近視であり、その多くはメガネもしくはコンタクトレンズを使用しています。

それに対し、近年大変注目を浴びている治療方法にレーシックと呼ばれるものがあります。

レーシック治療とは角膜を切開し、レーザーにて角膜での光の屈折率を変える手術であり、いくら安全とは言われてもある程度の危険性を秘めている治療方法です。

また、近視は病気とは考えられておりませんので、健康保険が使用できず、自費で治療費を負担しなくてはなりません。

このようにレーシックは危険性がある上に、高額な治療なのですが、何故皆さんはレーシックを受けたいのでしょうか?

その答えは、裸眼視力向上にあります。

いくら、メガネやコンタクトレンズで視力を矯正出来たとしてもそれは裸眼ではありません。

メガネを掛けたり、コンタクトレンズを入れたりと何かと面倒ですし、常に携帯しなくてはならない煩わしさがあります。

また、運動するときは脅威となります。

でも、レーシックなら一度の治療で一生裸眼で生活することが可能になるのです。

それだけでも危険性やお金に変えられない喜びがレーシックにあることは理解できますよね。

レーシックに関して正しい知識を身につけてレーシックを行えば、これからの人生きっと楽しく快適に過ごすことが出来るでしょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。