レーシックのガイドブック

最近よく耳にする近視治療のレーシック。

一体どんな技術なのでしょうか?

レーシックとは眼鏡やコンタクトレンズを使用せずに近視を矯正できる手術として近年大変注目されています。

実際に症例数も年々増加し、第3の治療方法になると言われています。

しかしながら、レーシックの歴史はそれ程長くは無いため、疑心暗鬼な部分も多く含んでいます。

裸眼視力を回復させることができるなら大変嬉しい治療方法ですが、その反面、手術が失敗することを考えると恐くて治療を行うことが出来ませんよね。

インターネットでレーシックについて調べてみても、どのサイトでも良い点ばかりしか書かれておらず、レーシック自体どんな技術なのか適切に書かれているサイトも無いのが現状です。

それならば、レーシックについてガイドブックで勉強したらどうでしょうか?

レーシックについて書かれているガイドブックは沢山出版されております。

Amazon.comによる売り上げランキングを見ますと、

第1位が「最新 レーザー近視手術-視力回復手術レーシックの効果と問題点」、

第2位が「近視レーザー手術ガイドブック

第3位が「視力回復50のポイント-レーシック、コンタクトレンズから視力回復グッズまで」です。

ガイドブックならば正確な情報が数多く記載されております。

レーシックを受けるならしっかりと勉強をして治療しましょう。

スポーツするならレーシック

日本人の約1/3の人が近視で悩んでいます。

産まれたときから視力が悪い人もいますし、思春期の頃から徐々に悪くなってくる人もいます。

一般には成人すると視力の低下も収まってくると言われております。

視力を矯正する方法で一般的なのが眼鏡やコンタクトレンズです。

特に眼鏡はかけるだけでいいので手軽な為、近視の人ならば必ず持っているかと思います。

いっぽうコンタクトレンズの場合、あまりにも視力が悪すぎて眼鏡にするとレンズが厚くなってしまう人や、特に女性の場合、眼鏡をかけたくないと言う人には好まれています。

それ以上に、コンタクトレンズは運動をする人は必ずと言って良いほど使用しているのが現状ではないでしょうか?

しかしながら、コンタクトレンズの欠点として長時間使用していると目が疲れてくる点です。

一日中付けていると夜は目が痛くて仕方がないと言う経験をしている人は多いかと思います。

そんな人に大変お勧めなのがレーシックです。

レーシックとは角膜をレーザーで直接削る治療方法で、裸眼で2.0の視力を手に入れることが可能です。

しかも、レーシックはコンタクトレンズ等を使用しませんので、激しい運動をしても全く問題ありません。

実際に芸能人や多くのスポーツ選手、タイガーウッズもレーシックを受けていますのでレーシックの技術力も補償されています。

眼鏡やコンタクトレンズに悩まされている人にはレーシックが大変お勧めですよ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。